ブログ

感覚統合あそび

更新日:

児童発達支援の子どもたちと、感覚統合あそびを行っています。

感覚統合とは、複数の感覚を分類したり整理したりする脳の機能のことです。


五感を通して得た情報が上手に整理・統合できないと、成長するに従って、不器用さや、集団行動が苦手、偏食など思いもかけない困り行動につながることがあります。

そこで、子どもたちの感覚を刺激し、整理できるような遊びをしています。

子どもたちの感じた”冷たい”、”やわらかい”、”ざらざら”などの感触を

「本当だね、○○だね」

「あっちはぬるくて、こっちは冷たいってことだね」などと

言葉にして確認しながら、感覚につなげていきます。

子どもたちはじーっとスタッフの手の動きを見つめて、

足の裏や手のひらに当たる感触を想像して順番を待ちます。

スタッフがふわふわの”綿”を手に取ると、

子どもたちはくすっぐたさを予想してニコニコに^^

冷たい保冷剤を手に取ると、

冷たさを予想して「きゃー!!」と嬉しそうな声を上げています^^

「ぼくは背中にやってほしい!」と自らリクエストをすることも。

背中やおなかや頬に当ててみて、感じ方の違いも楽しみました。

意識して、ゆっくり落ち着いて感触に集中する時間を

大切にしながら過ごしています。

-ブログ

Copyright© lino(リノ)おひさまのたまご | 放課後デイサービス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.