ブログ

年末に向けて・・・。

更新日:

H29.12.8

12月25日にクリスマス会をすることが
決定しました🎊

クリスマス会では
・工作
・お料理
・おはなし会
を予定しています♪

詳しい内容はまだナイショですが、
皆が楽しめる会になるよう準備していますので
ぜひご参加ください☆

それと、もう1つのイベント❕
年末恒例の・・・。
大掃除もする事に。

お掃除を通じて「働く事の楽しさ」が少しでも伝わるように
楽しんで参加できるような声かけをしていきたいと思っています。

また、小さいお子さん達には「掃除」を通じて
身体の使い方や道具の使い方を伝えられたらいいな、
と考えています。

それぞれの役割に自分なりに取り組み、
・キレイになって気持ちいいな、と感じてもらったり
・「わー!○○ちゃんのおかげで、とってもキレイになったよ!」
と人の役に立つ喜びを味わってもらえたらいいな。
そんなお掃除体験になるように、様々な準備をしています。

最後に
☆大掃除について少し調べてみたので
話のタネにどうぞ♪

年末に大掃除をするようになった由来は?
大掃除は平安時代から!?

大掃除とは、年末に普段より念入りに掃除をすることです。
だいたい12月28日ごろ行われます。

日本で「掃除」と言う言葉が使われるようになったのは平安時代のこと。
大掃除もその頃始まったと言われています。
大掃除は、一年の煤を払い、お正月の神様を迎える準備を始めることで、
12月の宮中には欠かせない行事でした。
これは「煤払い(すすはらい)」と呼ばれており、
この「煤払い」が大掃除の原型です。

江戸時代には、煤払いは、旧暦の12月13日に行われていました。
「大奥」の煤払いが12月13日と決まっていて、それにならうところが多かったようです。
「なぜ12月13日なのか?」と言うことについては、
正月を迎える物忌みが始まるのが13日だったからとも。

物忌みとは、方角や暦の凶日による災いを避けるため、
一定期間、身を清めて家に籠ること。
大掃除にはもともと儀礼的・宗教的な意味合いがあったんですね。
また、当時は交通機関が発達していませんでした。
そのため、奉公人が新年に間に合うように里帰りできるための配慮もあったのかも知れませんね。

-ブログ

Copyright© lino(リノ)おひさまのたまご | 放課後デイサービス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.